注目の記事 PICK UP!

a piece of Aloha – 4.サンディビーチの宇宙人

_dsc3839_s

オアフ島の東側、ハナウマ湾を通り越して少し行った所にローカルに人気のビーチがあります。
『サンディ・ビーチ』、英語では『SANDY・BEACH』で、砂のビーチ、砂まみれのビーチという意味になります。
このビーチはほぼ一年中、猛烈なパワーの波が押し寄せることで有名です。

波打ち際からほんの10メートル程のところに、高さ3メートル以上の波がどすんと豪快な音を立てて繰り返し落ちて来ます。
その波にローカルの少年たちがボディボードやボディサーフィンで突撃していって、最後に波がつぶれる瞬間にグルグルと巻かれるのを見ているのも面白いです。
もちろん、この波はビーチに遊びに来る人たちに最高のアトラクションを提供するかわりに、少々の危険も同時に運んできます。
ここはハワイで最もレスキューされる人が多いビーチでもあります。

もう随分前のこと、日本から遊びに来た学生時代の友人とサンディ・ビーチに遊びに行きました。
泳ぎに自信のない僕は、砂浜に寝そべって、ぼーっといつものように波と格闘している少年たちを見ていました。
友人も最初はあまりの波の強さに驚いて、遠巻きに大波の立つ瀬に視線を送りながら、幾分ゆるい波しか来ない場所で水に浸かっていました。
しばらくすると僕は、波の音と風の心地よさでウトウトと眠ってしまいました。
背中が熱帯の日差しに耐えられなくなってきた頃、半分夢の中にいるような気分の中、周りの海水浴客がなにやらざわついているのが聞こえて来ました。
焦点の定まらない寝起きの僕の目線の先に飛び込んできた光景は、屈強な体格の2人の男に両腕を抱えられた、ロズウェルで捕獲されたと言われているあの有名な宇宙人の写真のようなシルエットの、小柄な僕の友人が海からライフガードに助けあげられている姿でした。
砂浜まで引きあげられた友人に慌てて駆け寄ると、最初は少しむせ返っていましたが大したダメージもなく無事の様子で、それを見て安心したら先程の宇宙人の捕獲シーンが思い起こされて、友人には申し訳なかったですが、どうにも可笑しくて吹き出してしまいました。

その日のこの友人の旅のおもしろ挿話はさらに続きがあります。
サンディ・ビーチには友人のレンタカーで行っていたのですが、先に着替えに戻った友人がうっかりキーを付けたまま車のドアをロックしてしまったのです。
その場に居合わせなかった僕に、意気揚々と戻ってきた友人が言いました。
「いやあ、ドアをロックしちゃってあたふたしてたらさ、ちょうど通りかかった青年が、持ってたハリガネみたいのでチョイチョイっと開けてくれたんだよねぇ、ハワイには親切な人もいるもんだねぇ」
「. . . . . 」
友人にはその青年が何者だったか、僕は言わないでおきました。

皆様もどうぞ旅の安全にはお気をつけください。

内田 恒
バックパックを担いで世界中を旅した学生時代に写真の魅力に取り憑かれる。
プロとして独立後はファッションフォトグラファーとして活躍。
2003年よりハワイ在住。
profile:http://www.aosolaimages.com/AC/ARTISTS
web:http://www.aosolaimages.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. a piece of Aloha – 1.椰子の木の指す方向

  2. a piece of Aloha – 3.The answer is the blowing win…

  3. a piece of Aloha – 2.レインボーハンター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Online Shop

最近の記事

PAGE TOP